アルバイト体験談 帰りのバスが・・・

アルバイト体験談1 帰りのバスが・・・

帰りのバスが・・・

あれは埼京線沿線の製本工場へ派遣されたときのこと。

 

そこは駅から20〜30分ほどバスに揺られていった所にある、従業員7〜8人の小さな製本工場で、作業の補助的なことを手伝う仕事でした。

 

従業員の半数ほどが外国人で、初めは多少不安もありましたが、みな気のいい人たちで、問題なく作業を終えることが出来ました。

 

2〜3時間残業があったので終わったのは19〜20時頃だったと思います。

 

暗がりの中、バス停にたどり着くと、次のバスまで一時間ほどあり、呆然としました。

 

小雨も降り始めるし、周りは工場や空き地だけで、雨宿りする所もない。

 

こんな所で一時間も待てないと思った私は、駅まで歩くことにしました。

 

朝バスで来た道をそのまま戻ればいいと思って、歩き始めたはいいのですが、はっきりと道を憶えていなかったので、途中で迷ってしまいました。

 

雨も激しさを増してくるし、周りは工場や倉庫で、人も全くといっていいほど見かけません、とても心細い気分でしたが、勘をたよりに歩き続け、なんとか駅にたどり着くことが出来ました。

 

2時間近く歩いていたと思います。

 

この経験をした後は、帰りのバスの時間はいつも必ずチェックするようになりました。

お仕事応募 >>


ホーム RSS購読 サイトマップ